2018年08月22日

失敗しない会費制結婚式のコツ

こんにちは(^^♪名古屋で結婚式のプランニング、プロデュースをしている、La lea Weddingのウエディングプランナー齋藤美操です。今日もブログにお越し頂き、ありがとうございます★

このブログでも何度となく書いておりますが、日本の結婚式は世界から見ても特殊な価格設定で高額ですね。昭和から平成にかけてはそれでもよかったかもしれませんが、これからはそうともいかないのではないかなと感じています。
サラリーマンの平均年収が減ってきていて、年功序列も崩壊しているのに、結婚披露宴のご祝儀制は日本が右肩上がりで好景気の頃と同じ。
時代が変われば慣習も変わるので、ご祝儀制の結婚披露宴もいつまで続くのかなと真剣に思っています。

海外のウエディングパーティーは、その多くが新郎新婦側が自己負担で開催することが一般的だったりしますが、さすがに日本もそうしよう!!といってもすぐ変えられるわけはないですよね。そうなってくると、ゲストの負担もそこそこで新郎新婦も気兼ねなくゲストを招待できて、というスタイルでおススメなのが・・・・・

会費制のウエディングパーティー
会費制だと、ご祝儀より負担も軽くなりますし、新郎新婦も引出物をしっかり用意することもなく(ただお土産として何かは用意しましょう。何もないのはあまりお勧めしません)何よりもゲスト負担が少ない分、呼びやすい&参加しやすいというメリットがあります😃
そして、「あまりかっちりせずにカジュアルに気楽に楽しみたい」というニーズにも会費制なら合うでしょう。

ただし❗
そこはいくら会費制といってもあくまでもゲストは「結婚式」として参加してくれています。やり方を間違えると、ゲスト目線からしたら、カジュアルが「手抜き」とか「ケチった」なんて映ってしまうこともあるのが、最大の危険な落とし穴です💥ですからそこを十分考慮して、ウエディングパーティーの作り込みをしていく必要が、会費制にはあるのです🔑💡

失敗しないコツはいくつかありますが、これは会費にしろ祝儀にしろ共通していることでもありますが、会費制の場合はそこが盲点になりがちなので特に、という意味でいいますと、料理と飲み物をとにかく充実させることです。
特に、飲み物のラインナップが充実していると、お酒が苦手な女性ゲストも安心して楽しめますよね。

会費制の場合、フルコースを提供することが難しいので多くはビュッフェスタイルになりますが、間違っても二次会のような軽食系は絶対NGです💦
見た目綺麗な前菜や、おしゃれなピンチョス系は喜ばれるのでぜひ取り入れ、メインのお魚やお肉料理もしっかり取り入れましょう。
フルコースで提供するような食材よりは少しランクを低くしても良いけれども、品数はフルコース同様にすれば、ばっちりですね🎵

堅苦しくなくカジュアルに、という意味合は、長い挨拶や決まりきった進行や画一的な演出のことを指しているのであって、パーティーの本来の目的である「飲食をともにして楽しみ合う」というところにおいては、カジュアルすぎてはいけないのです💡
そこのところをしっかり理解しておけば、ゲストにとっても新郎新婦にとっても「満足度」の高い質の良いウエディングパーティーが開けるでしょう☆彡

このほかにも「失敗しない会費制ウエディングのコツ」は色々とありますが、また次回ご紹介していきたいと思います🎶



💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓

ラレアウエディングは、結婚式や、結婚記念日のお祝い、入籍して数年たつご夫婦の結婚式のご相談など、

「結婚」に関わるなんでも無料メール相談を受け付けています!(^^)!


結婚の万事屋・ウエディングプランナー齋藤美操 メールアドレスはこちら🎶

m.saito@purely-true.com



また、すでに結婚式場がお決まりのかたで、準備や担当者のことなどで悩んでいる方も、お気軽にご相談ください。セカンドオピニオンとしてのアドバイスの行っています


💓~結婚や結婚式のことをちょっと知ってる近所のお姉さんに聞いてみよ、くらいの感覚でどうぞ ご祖談は無料です~💓


La lea wedding

ウエディングプランナー

齋藤美操(さいとうみさ)


🎵ポチっと応援してくれたら嬉しいです⤴よろしくお願いします🎵

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村
↑クリックで応援お願いします↑


posted by lalea at 13:49| Comment(0) | 結婚式について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

中高年カップルも結婚式を!


こんにちは(^^♪名古屋で、結婚式のプランニング・プロデュースをしている、La lea Weddingのウエディングプランナー
齋藤美操です。今日もブログにお越し頂き、ありがとうございます!

いわゆる昭和のバブル時代を過ごした今の47歳くらいから50代以上は、消費することが盛んで「モノ」重視型でしたが、
同時に女性のキャリアも重要視されていく時代の先がけでもあって男女雇用均等法も施行され、仕事で役職が付く女性もこの頃から台頭してきた時代背景のなか、いわゆるキャリアウーマンで、仕事をがんばってきて自分の結婚を後回しにしてきた女性たち、が、いる世代だと思います。

生きてきた時代が元気でしたから彼女たちにはエネルギーがあります❗その彼女たちが、人生折り返し地点にそろそろなろうとしているこの頃、「誰かとともに生きていく」ということを選択肢として入れているから、中高年の結婚が少しずつですが増えてきているんだと思います😃芸能人でも、ちょっと前であれば阿川佐和子さんや、最近だと浅野ゆう子さんがご結婚されましたね💓

結婚とは、自分の生活を守るためのセーフティーネットではなく、人生をより豊かに彩りよくしていくために選択できるコト。
今の若者世代にも、このような新しい価値観が芽生えてきているのかもしれないなと、私は、ウエディングに長年携わってきたなかで、これからの結婚観と結婚式の価値観はこのように変わっていくのではないかなと感じています。

だからこそ、結婚式も「一生のいちどの披露の場」ではなくなりつつあります。ひな壇はもはや化石ですが2000年頃はやった「おもてなし」という名の作り込まれた結婚披露宴ではなくて、「自分で選択した結婚というコトと相手の紹介を、ともに楽しみながら過ごす、自然で軽やかで、それでいてとびきり大事な共有時間」という感覚になっていくのではないでしょうか?それこれ親御さんが出す招待状など化石になってもうそろそろ消滅で良いと、(すみませんちょっと辛口で)思いますし、二人を主役にして披露するという考えはもうなくなっているので、披露宴というネーミング自体がどうかな?とさえ感じます。

そんな時代だからこそ、人生を一生懸命いきてきた大人の女性たちが、もし「結婚式」をと思ったら✨
私は、大いに応援し、最高でとびっきり楽しくて意味があって心の底からやって良かった😃と思えて、ゲストも心の底から来て良かった😃と思ってくれる結婚披露宴というのではなく、結婚パーティーを、提案したいと思います。

結婚式を挙げるのに、年代など関係ないのです❗
日本人は、年代や年齢を気にしすぎます💦海外のある国は、初老のご夫婦だって結婚記念パーティーやお祝いパーティーを堂々と開きます。
特にウエディングにおいては「40代でドレス?」とか「この年で」とか類のセリフは、とっても残念。
そんなことないから😃
いつだって、そのときが自分のタイミング、だと思います🎵

40代でも50代でも60代でも✨自分らしい人生に、結婚式というとびきり楽しい思い出をプラスしましょう


💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓

ラレアウエディングは、結婚式や、結婚記念日のお祝い、入籍して数年たつご夫婦の結婚式のご相談など、

「結婚」に関わるなんでも無料メール相談を受け付けています!(^^)!


結婚の万事屋・ウエディングプランナー齋藤美操 メールアドレスはこちら🎶

m.saito@purely-true.com



また、すでに結婚式場がお決まりのかたで、準備や担当者のことなどで悩んでいる方も、お気軽にご相談ください。セカンドオピニオンとしてのアドバイスの行っています


💓~結婚や結婚式のことをちょっと知ってる近所のお姉さんに聞いてみよ、くらいの感覚でどうぞ ご祖談は無料です~💓


La lea wedding

ウエディングプランナー

齋藤美操(さいとうみさ)


🎵ポチっと応援してくれたら嬉しいです⤴よろしくお願いします🎵

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村
↑クリックで応援お願いします↑
posted by lalea at 15:27| Comment(0) | 大人の結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

お金かけすぎな日本の結婚式

こんにちは(^^♪名古屋で結婚式のプロデュースをしている La lea Weddingのウエディングプランナー齋藤美操です。今日もブログにお越し頂き、ありがとうございます!

日本の結婚式はお金をかけたかどうかが式の中身にあまり関係していない
これから結婚式を挙げようとお考えのかたには、結婚式を挙げたいけどいまいちどこも高価、かといって「お値打ち」を謳っている会場が素敵かといえばそうでもなく・・・うーんどうしよう??な状態のカップルさんもいるのではないかなと思います。

日本の結婚式が異様に高額でそのわりに満足度が低いケースがあるのは、価格帯の設定方法や業界側の慣習などなど、婚礼業を取り巻く環境がそうせざるを得ない状態だったということになるわけですが、それってお客様にはまったく関係ない理由だったりもしますよね😖ましてや30年前のバブル経済の時ならまだしも、平成もあと少しで終わりを告げようとしているこのご時世、そろそろ結婚式のスタイル自体を変えていかないとね、と思います。

海外にみるウエディングには、学ぶべきところがたくさんあって、でもそれは決して「海外の装飾がかわいい」から海外のウエディングが魅力的といっているわけではなく、あくまでも「結婚式に対する考え方」に学ぶところがあるといっているのであって、そこははき違えてほしくないところです😃私は、ウエディングプランナーとして、日本の結婚式、いわゆる「和婚」と呼ばれている挙式スタイルこそを、これからもっともっと普及させたしですし、時代がかわっていくからこそ和婚を取り入れていくべきだと考えています。

なぜなら、どこの国にもその国ごとの魅力というのがあると思っていて、結婚式は「国の文化と人種の結晶」だと思うからです。だから、その国ごとや、もっといえば国の地域ごとの風習をもっと色濃く表現した結婚式があっていいと思うんですよね✨✨画一的でなくて良いし、人と同じでなくて良い。
結婚式に正解などない

もちろん、守っていくべき伝統やマナールールはあるけれども、それ以外はもっとフリーダムでいいはずなのではないでしょうか💓
お金のかけかたもしかり。もっと自分たちで調べて、頼る場所を厳選し、賢くなってセレクトしていけば、お金は節約して中身は重く充実した満足度の高いものは、必ず実現できるのですから🔍🔍そしてインターネットの情報だけに惑わされないで、しっかりとあなたの目で見て確かめて、自分の結婚式は自分で作る!!くらいの気持ちで。海外の花嫁が美しくて結婚式が素敵なのは、実はここが日本と違うんです❗

そう。「会場まかせ」ではないのです❗これって大事なこと。とっても大事なこと❗会場に任せるのは悪くないし、任せるのも良いことなのですが、主軸は自分だから。そもそも「あなたの結婚式なのだから、あなたがどうしたいか」が主軸になるのは当然であって、なぜあなたのことなのに、あなたの手伝いをしているだけの「会場」が「その会場ができること」を主軸にしてしまうのかが根本的に謎です💨💨
ここも海外と日本のウエディングが「どうも違う」を左右している大きな原因です。海外は基本的に「花嫁のしたいことを軸にプランナーが手伝う」スタンスですから。

せっかくやるなら、思い出深く、自分たちらしく等身大で、お財布にも心にも無理なく素敵な結婚式を挙げましょう★



💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓💓

ラレアウエディングは、結婚式や、結婚記念日のお祝い、入籍して数年たつご夫婦の結婚式のご相談など、

「結婚」に関わるなんでも無料メール相談を受け付けています!(^^)!


結婚の万事屋・ウエディングプランナー齋藤美操 メールアドレスはこちら🎶

m.saito@purely-true.com



また、すでに結婚式場がお決まりのかたで、準備や担当者のことなどで悩んでいる方も、お気軽にご相談ください。セカンドオピニオンとしてのアドバイスの行っています


💓~結婚や結婚式のことをちょっと知ってる近所のお姉さんに聞いてみよ、くらいの感覚でどうぞ ご祖談は無料です~💓


La lea wedding

ウエディングプランナー

齋藤美操(さいとうみさ)


🎵ポチっと応援してくれたら嬉しいです⤴よろしくお願いします🎵

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村
↑クリックで応援お願いします↑

posted by lalea at 14:16| Comment(0) | 結婚式について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。