2017年12月10日

結婚式でのプランナーのミス

こんにちは(^^♪
結婚式のプロデュース、
また、式場が決まっている方に対してのセカンドオピニオン的存在、
「La lea Wedding ラ レア ウエディング」フリーランスウエディングプランナー
齋藤美操です☆



大切な大切な自分の結婚式★
どんなことでも、結婚式を挙げられるその人たちにとって「些細なこと」っていうのは、ないと、
私は思って仕事をしています(^^)/


今週も結婚式を執り行ってきて、毎回つくづく感じることです。
大事な思い出の日を創る過程で、ましてやその当日に、担当のプランナーがなにかミスをしてしまったら、
最悪なケースでは、結婚式が台無しになってしまうことだってあります!


自分の結婚式だけは、ミスをしないスキルのきちんとしたしっかりしたプランナーであってほしいと、
身近でプランナーに泣かされた、ミスをされて悲しかった経験をした卒花さんがいたりすると、
余計そう思う気持ちにもなりますよね。


すべてを式場とプランナーに任せっきりにしておくと取り返しがつかなくなってしまう場合もありますから。




失敗しないためにも、きちんとリスクフェチしましょう
最初の契約書はしっかりお二人で理解できるまで、少しでもひっかかるところは何度でも質問してクリアに
してください。そこでめんどくさそうにしたりするプランナーなら、その場で担当変更か上司にかわってもらいましょう!

式場から渡されるフローシートやウエディングノート的なもの。
せっかくあるのですから、しっかり活用しましょう!
ミスやトラブルを回避する方法で一番有効なのがこのノートです


また詳しくは次回お教えしますね(^^)/
でもひとつだけポイント。
「打合せした内容やプランナーの答えをメモする」

これで言ったとか言わないとかの問題を避けられることが多くなります。


プランナーは大切な味方ですが、その結婚式の主役は、あなたです
しっかり準備して、大満足な結婚式にしてほしいな(^_-)-☆と、願っています



結婚準備で困った!
解らない!
プランナーになかなか聞きにくいなどなど、何かあればこちらまで★
m.saito@purely-true.com
































posted by lalea at 15:09| Comment(0) | ウエディングプランナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。